boksado備忘録

『boksado』管理者、ミラノの物置です。

 どうも、ミラノです。

 Twitterで毎日のように「4スタンス理論はすごい」「4スタンス理論は神」「4スタンス理論は義務教育化すべき」とのたまっている僕ですが、そんなこと言われてもよく分からん、錬金術みたいで胡散臭いと感じている方、結構いらっしゃると思います。

 今回は440人以上のボクサーを判別してきたこのワタクシめがどのようにボクサーを見ているのか、ざっくりみっちり紹介していきたいと思います。


🥊正面側か、背中側か🥊

 まずはクロスタイプ(A1/B2)パラレルタイプ(A2/B1)の違いから。厳密には少し異なるのですが、まずはこれをおさえておきましょう。
 クロスタイプは正面側を基点に身体を回転させます。
Aタイプ
 これに対し、パラレルタイプは背中側を基点に身体を回転させます。
Bタイプ

 フリオ・セサール・チャベスvsロジャー・メイウェザー第2戦を観てみましょう。
 チャベスはB2(=クロス)、メイウェザーはA2(=パラレル)です。つまり上の画像に照らし合わせると、チャベスは身体正面が、メイウェザーは背中が動作主面となっています。

 チャベスのアクションを正面側から見た時、或いはメイウェザーのアクションを背中側から見た時、中心軸がなんとなく見えてくると思います。

ChavezMayweather2


🥊腰が沈むか、沈まないか。つっかえ棒か、そうでないか🥊

 これはAタイプとBタイプで現れる違いです。動作の直前においてAタイプの腰は沈まず、Bタイプはやや沈みます。

 ブルックはA1、スペンスはB1です。つまりブルックのアクションは腰が沈まず、スペンスは腰を沈めてからアクションに入ります。

 腰を沈めるという動作はワンクッション入れることとなるので、必然的にBタイプは動き出しに難を抱えています。
 一方、腰を沈めずにエネルギーを伝えるには身体を伸び上がらせなくてはなりません。つまりAタイプは動いた後に隙を見せることが多いです。

 実際、この試合ではスペンスがブルックの弱点をうまく利用してボディから削るシーンが目立ちますね。

 注意としては、Aタイプは一切腰を落とさないわけではありません。しゃがむ時は誰だって腰を落とします。


 これはA1同士の試合です。
 これはB2同士の試合です。

 分からんわ!!!!って声が聞こえてきますね…いや、無理もないです。

 では膝に注目してみましょう。
 アルバラードとペタルコリンは、GGGやレミューと比べて膝が固定されている傾向にあります。特にアルバラードのダッキング動作に注目してほしいのですが、ほとんど膝を動かさずに上体を倒していますね。足底、膝、みぞおちをポイントとして軸を形成し、股関節を柔らかく動かす特徴が表れています。
 これに対してBタイプは足底、股関節、首付け根を軸ポイントとし、を動作ポイントとしてフレキシブルに活用するのです。

 より上半身をワイルドに動かすのはどちらかというとAタイプですね。それゆえ前脚がつっかえ棒のように見えるのです。


🥊タイプ別の固定ポイント🥊

 最後に、どこを固定しているのかをより具体的に言及して締めたいと思います。「正面側か、背中側か」と関連している部分でもあります。
A1横

 アセリノ・フレイタスはA1タイプです。ガードの緩い選手ですが、左右に動きつつみぞおちを落とし込んで軸を形成し「力みなく」強打を放つ、野性味に溢れたファイトスタイルですね。
 ディフェンスでも派手に上体を動かしていますが、やはり動作の基点はみぞおちです。

A2横

 イスラエル・バスケスはA2です。みぞおちの反対側を基点に正面からガンガン打ち込んでいくアグレッシブなファイトスタイルは、典型的なメキシカンスタイルとはやや異なるものです。
 どことなくジェイソン・マロニー戦のナオヤ・イノウエを思い起こさせますね。

B1横


 ダリウシュ・ミハルチェフスキはB1です。誰だよとか言わないでくださいね()
 首付け根の背中側を基点に、上体を起こしたまま左右を叩きつけます。固定ポイントが背中側にある分、ジャブがクロスタイプより正面から差し込まれるのはA2と共通していますね。

B2横

 最後は僕の大好きなカール・フローチ先生です。怒涛の連打によく特徴が表れていますね、しっかりと首付け根の正面側が基点となっています。
 ジャブを出したら重心が自然に戻るのも、奥脚の足底に軸ポイントがあるからです。


 フレイタス、バスケス、ミハルチェフスキ、フローチ、いずれもハードパンチャーですが、いかがでしょう。違いはあっても皆姿勢が美しいです。
 そう、美しいパンチはノックアウトパンチなのです。美しくなければノックアウトはできないのです。


 毎回記事がクソ長くなって申し訳ございません。説明下手はつらいものです。
 ここまで読んでくださった方はおそらくよほど熱意のある方でしょう。お疲れ様でした!

 よろしければ、「この選手はこのタイプですか?」的な質問や、「boksadoに登録されてるこの選手タイプ違うと思うんだけど」といった指摘を是非ともしてください。

 今後ともよろしくお願いいたします。

 それではノシ

 こんにちは、あけましておめでとうございます。ミラノです。

 三が日もとっくに過ぎておりますが、2021年最初の記事ということで…。


 表題の通り、キックボクサーはA1タイプ向けの競技かもねってことを書いてみます。

 もちろんピックアップする選手はプロボクサーですが、今回は元キックボクサーに絞って紹介します。

🥊エドゥアルド・トロヤノフスキー🥊

 まずはロシアの鷲、トロヤノフスキーです。
 日本でもWBSSスーパーライト級トーナメントでキリル・レリクと対戦し、2016年には小原圭太選手の挑戦を受けたことでそれなりに馴染みがあるかもしれません。

 当初彼をB1と観ていましたが、先日観直してみて他のB1ファイターとは違いがあるように感じました。

 手足の長いボクサーでB1タイプといえば、当ブログでも取り上げた名選手、トーマス・ハーンズが代表的です。


 いやー、似てますよね。でも右ストレートの伸び方、膝の使い方は特に異なります。

 ハーンズの右はやや腰が沈むのに対し、トロヤノフスキーは左膝のある方へ向かってギュンと全身が伸び上がります。

 一発効かせた後のラッシュも、トロヤノフスキーは突っ込みながらラッシュをかけるのに対し、ハーンズは一定の距離を保ちながらフック、アッパーの乱れ打ちで相手を仕留めます。

 A1タイプの特徴はつま先内側を基点につま先、膝、みぞおちで軸を作り、対角線上の股関節と肩を連動させた体幹の伸展で運動することです。

 キックボクシングには詳しくないのですが、お国柄関係なく元キックボクサーのプロボクサーは多くがこの特徴を持っています。キックの「基本」にはA1の要素が色濃く詰まっているようです。

 念のため言っておきますと、4スタンス理論上で競技の得意不得意が現れるとは限りません。単にキックボクシングのジムで教わる「基本」の多くが、A1タイプの特性に準拠している可能性が高いだけです。

🥊ディリアン・ホワイト🥊

 お次はヘビー級のボディスナッチャー、ディリアン・ホワイトです。

 ドーピングしたしてないでかなりグレーな選手ですが、そこはひとつ置いといて。

 くねくねしていてどこか不格好と感じる方も多いことでしょう(A1の特性というよりホワイトの特性?)、膝が基本的に固定されており、重心が高いように見えますね。

 A1タイプは膝が固定ポイントであり、股関節を柔軟に動かしてボディワークを展開するのです。

 ジョシュアもグラついた左フックはモーションが小さく、GGGのように外側から叩きつけるというよりは、内側から突き抜けるように打ち抜くものです。
 Aタイプのリズムはコンパクトなのです。

🥊アムナット・ルエンロエン🥊

 最後はムエタイ経験者からピックアップしてみましょう。ムエタイとキックボクシングが異なる格闘技であることはもちろん把握しておりますが、ムエタイもまたA1タイプが非常に多い競技だと考えています。

 アムナット・ルエンロエンと聞いてあの憎たらしいファイトスタイルを思い出し、歯ぎしりしてしまう方は結構いらっしゃると思います。

 高度な距離感とキレのあるジャブ、巧みなクリンチワークで徹底的に塩漬けするファイトスタイルですが、長いリーチも相まってかなり伸びる隙のない攻撃も持ち味です。

 この選手も当初はB1と判別していましたが、基本的な姿勢がやや前傾であること、左右フックを振り回した時にうねるようなリズムがあることから、A1タイプへ訂正しました。
 パラレルタイプ(A2/B1)であれば体幹の真ん中を軸に連打を発動しますが、アムナットの場合はその中心線を挟むように通る二本の軸を交互に使って次のパンチへ繋げるのです。


 というわけで今回は元キックボクサー(元ムエタイ選手)のプロボクサーに焦点を絞り、4スタンス理論上その多くはA1タイプであることを紹介しました。

 ここ最近A1タイプを取り扱ってばかりですが、なんとなくマイブームがA1なんですよね。当ブログ管理者の林ミラノはB2タイプなのですが、A1が羨ましくて仕方ないのです。

 だって、伸びるんですよ?ギューンて力みなくストレートが伸びるんです。こんなに羨ましい特性がありますか?

 そういうことです。
 それではノシ

 こんにちは、林ミラノです。


 ブログ更新頻度の圧倒的低さに自分でも引いていますが、思えば去年もこんな感じでした。アクセス数とかも全く気にしていない完全自己満ブログなので、きっと今後も超気まぐれに更新する程度に留まると思います。


 とはいえ、年の瀬くらいは何か書いておこうかと思いまして。


 今年はボクシング界に留まらず、世界が新型コロナウイルスによる抑圧を受けることとなりました。

 2月のビッグイベント、フューリーvsワイルダー再戦が挙行される前には、香港で予定していたトップランク興行が中止、アマチュアボクシング界においては武漢における五輪予選が中止になったのを皮切りに、3月ごろから本格的にイベントの中止が決定していきました。

 ぶっちゃけ4月から6月までは普段の自分の生活すらまともに思い出せないくらい虚無でしたが、無観客ながら少しずつボクシング興行は再開されます。それぞれの主催は興行再開のために尽力し、選手によっては度重なる延期にもめげずに見事な仕上がりで以って本番に臨むなど、皆さんの涙ぐましい努力をいっそう強く感じることとなりました。


 書いていたら思い出したのですが、そういえば4スタンス理論によって選手を分類したリストを公開するサイト「boksado」を6月あたりに開設したような気がします。未だに判別を誤ることがありますゆえ、まだまだだなと感じながらも、登録した選手の数を着実に増やすことができたのは、ひとつ大きな成果だと考えています。


 コロナ禍以外でも残念な出来事はいくつかありました。相も変わらず一部の選手が正当に評価されないことなどは、ドラマだの悲劇だのと言い換えてみないことには、腹が立って憤死してしまいかねない勢いです。

 この残酷な世界で、逆境に立たされるボクサーたちは何を思いながら再びリングに上がろうとするのか?金のため、名誉のため、自己満足のため…いろいろあるでしょう。

 湿っぽい話をすると寒がられるのですが、ここはひとつ林ミラノによる2020年12月末におけるボクシングへの気持ちを書き殴っておきたいと思います。



 僕が普段からあまり人と会話しないことも影響してそうですが、基本的に僕は根暗で、考え方は悲観的です。この世は最低で最悪というのが前提条件で、希望なんてのは全て幻想に過ぎないと思っています。夢は叶えるものではなく見るものだと思っています。

 どんなものにもいつか終わりが来るとはよく言われますが、それはゴールという美しい言い方に形容できない「終わり」です。ある日突然「終わる」んです。
 漫画業界でいうなら打ち切りエンドです。
 プロボクシングに言い換えれば、タイトルマッチに勝利することはゴールでもなんでもないんです。選手がそう決め込んだとしても、その選手の時間は、ひいては人生は、勝手に進んでいき、そしてある日突然「終わる」のです。
 前述の通り「希望なんてのは全て幻想に過ぎない」ですから、ゴールなんて大それた「希望」は猶更です。

 人が決め込んだゴールラインは、それが過ぎ去った瞬間には思い出へと変換されます。思い出というのは夢と大して変わりません。思い出も夢も見るものです。それらを比べ合うことには、話に花を咲かせる以上の意味も価値もありません。ただ、そういう夢や思い出が「ある」だけです。
 念のために断っておくと、夢や思い出を否定するつもりはありません。人は誰でも夢や思い出に浸るものですし、その時の心地良さは僕も大好きです。なんならそれらは時に生きる力を与えてくれます。


 王座から陥落したとて、プロボクサーを引退したとて、続くものは続きます。
 何かを追い求めるのです。ただひたすら、追い求めるのです。今年の僕の場合、「boksado」がまさにそれでした。4スタンス理論という、スポーツに山ほどある考え方のうちのたった一つに過ぎないものに徹底的に固執し、それによってもたらされた塵のような成果を一つずつ積み上げていきました。

 それ以外のことと比べて生産性があるのか?そんなことは考える必要もありません。すべてはボクシングに問うためです。


 先ほども申し上げたようにこの世は最低で最悪ですから、当然ボクシングにだってひどいことが起こります。ほんの数年の観戦歴でもいくつもの胸糞悪い出来事を目の当たりにしてきました。
 もし「boksado」がなければ今ほどの情熱もなかったかもしれません。それぐらい、いつ白けきってもおかしくないです。
 ある日突然僕とボクシングの繋がりに唐突なフィナーレが訪れるまで、或いは僕の人生に突然終止符が打たれるその時まで、好きになったこの競技に僕なりの問いかけをし続けるのです。
 この先に待っているものについて、何も期待していません。別に何も欲していません。ただひたすら、今は「boksado」を通して、ボクシングに問うことを諦めないつもりです。



 ごくありふれた、本当につまらない文章になってしまいました。
 せっかくなのでここでひとつ宣伝しておきます。

 ライアン・ガルシア君のYouTubeチャンネルをぜひ登録してください。下記に現時点で最新の動画を載せておきます。


 4Kですからね皆さん!4K画面ある方4Kでライアン君を拝みましょう!!!


 
 最後に、今年になってドハマりしたバンド「amazarashi」の楽曲から歌詞を抜粋し、来年も生き抜く栄えあるボクシングファン及び関係者に向けたエール、且つ当僻地ブログ管理者林ミラノの来年に向けた言葉として締めたいと思います。
 よいお年をお迎えください。


  …

  手を差し伸べてくれた人に ホントに感謝してるんだよ
  もう少し取って置くべきだろう 鞄一杯のありがとう
  やるべき事伝えるべき事 怠けりゃそこで途絶える航路
  他人ではなく 面目じゃなく 自分の為に今は歌いたい

  夢なんて無い 期待してない 無気力のまるで生きてる死体
  だけど確かに 抗う歌に わずかながら空の光は射し
  生きる力に 自ずと変わり 死に切れぬ僕の弁明と成り
  風に流離い 理解し難い と言われても他に道など無い
  …

  (amazarashi『風に流離い』より一部引用)

 どうも、ミラノです。

 更新頻度の低さを反省してさっそく記事を書こうとしています。ただいま10月2日、12時16分です。
 果たしていつ投稿されるでしょうか?


 冗談はさておき、今回は要望をいくつか受けていたA2タイプについていろいろ考察していきます。

 あ、オーソドックスに絞っていきますね。



🥊エマヌエル・ナバレッテ🥊


 まずは皆さんお馴染みこの選手。
 身長・リーチ共にスーパーバンタム級ではオーバースペック気味で、僕の愛するドッベイを二度ズタボロにしてくれやがった好ファイターです。

 上の試合映像をフットワークを中心に観てほしいのですが、どんな特徴があると思いますか?

 基本的に直線的なんですよね。正面から踏み込む、踏み込まれたら防御姿勢に切り替えて真っ直ぐ下がる。

 これは多くのA2ボクサーに顕著にみられる特徴だと思います。それでいてパンチが伸びてくるので相手はなかなか避けられない。
 体幹が伸びきるタイミングて最もパワーを発揮するのがAタイプの特徴です。これをふんだんに活かすことで、ナバレッテは大げさなワンツーやロングフックにも関わらず的確にヒットさせ、みるみるうちに相手はボロボロになっていくのです。

🥊ファン・ディアス🥊


 映像は負けた試合ですが、A2の特徴がよく現れているので紹介してみます。

 真っ直ぐ下がって距離を取ろうとするマルケスの顎を前進しながらの左フックで揺らし、そこからさらに正面切っての連打を繰り広げる。これはB2タイプであるマルケスが真似するのは難しい攻撃です。B2であれば左フックの時点で身体全体が左に逸れるので、やや弧を描くように前へ出ることになります。

 また、これはパラレルタイプ全体(A2/B1)に言えることですが、同じ角度での左フックのダブルはクロスタイプの選手よりも向いていると思います。


🥊テオフィモ・ロペス🥊


 やんちゃなライト級トップコンテンダー、テオもA2の特徴がハッキリと現れているボクサーです。

 A2のボクサーは高速左フックを得意技とする選手が結構いますが、テオもその一人です。そして一発一発をスイングしながらどんどん前に出てくるボクシングは迫力満点。

 皆さん、前進してくるA2のボクサーを相手に真っ直ぐ下がってはいけませんよ。しっかりガードを上げてクラウチングスタイルで迎撃しましょうw


🥊セルゲイ・コバレフ🥊



 全盛期のコバレフの直線番長ぶりはボクシング史を通して最強だと思います。
 ノーモーションで右ストレートが飛んでくるかと思いきや、更にそこから左ストレートが伸びてくる。ひとたびロープ際或いはコーナーに追い詰められると相手はなかなか逃げられません。

 余談ですが、個人的にA2とB2は見分けづらいと感じております。結構コンビネーションの繰り出し方が似ているんですよね。
 迷ったときはポジションの取り方やフットワークに注目してみるのが一番です。前後左右関係なく、やっぱりA2は直線上を動くことが多いです。


🥊井上尚弥🥊


 お待たせしました、お次は言わずと知れた怪物ですw

 均整の取れた美しい肉体、(日本人的には)端正なルックス、圧倒的スピード、軽やかなディフェンス、理不尽なパンチ力。彼自身そこまでアピールの激しい性格ではないですが、ナオヤ・イノウエは誰よりも活き活きとボクシングしてくれますよね。

 あの爽快感はA2タイプだからこそ出せる魅力だと思います。目の前の相手としっかり対峙し、正面から相手を迎え撃つ。

 かっこいいですよね。主人公って感じがしますよね。

 表題に「直線番長たちと主人公キャラ」とありますが、その主人公キャラというのはナオヤ・イノウエのことです。

 彼もなんだかんだ下がる時は真っ直ぐバックステップ、ある程度距離に余裕ができたところで左右に動いて相手のターンを強制終了させますね。A2らしいフットワークだと思います。


🥊ノニト・ドネア🥊


 最後はフィリピンの閃光!!

 伝説級の左フックと並外れた身体能力で5階級制覇を果たしたトンデモなボクサーですが、あの「大体どんなスポーツもこなせそうな身のこなし」というのはA2の特性をフルに活かしているからこそできることです。

 何となく前進しながらのフルスイングがテオと似ていますね。
 重心があまり奥足に寄っていないのでバックステップが効きづらい構えですが、それだけ攻撃力に自信があるとも言えます。



 こんなところでしょうか。

 今回はA2オーソドックスに絞って紹介しました。

 超久々の更新申し訳ございません、ミラノです。

 実力は間違いなくある。しかしあと一歩のところで毎度うまくいかない。そんな選手はいつの時代も必ずいます。
 今回はそんな惜しい選手たちに着目してみた記事です。

🥊オーバ・カー🥊


 オーバ・カーと言えば、確かな実力がありながら当時のウェルター級を席巻していたデラホーヤ、トリニダード、クォーテイなどに敗北し、ついに世界タイトルを掴めなかった選手ですね。

 現在に至るまで広く浸透しているアメリカンスタイルというのはA2かB1に適したボクシングであると以前から主張している僕ですが、オーバ・カーはどちらにも当てはまらない「クロスタイプ」、その中のA1タイプの選手でした。
 54勝31KOという戦績は、彼が決してパワーレスではなかったことを証明していると言えましょう。しかしクロスタイプの選手によるパンチのベクトルはパラレルタイプのそれとは異なる点が多く、とりわけミット打ち練習で齟齬が生まれやすいものと思われます。
 中途半端な位置で動きを止めてしまったり、連打が出そうなタイミングで攻撃が続かないシーンはこのアイク・クォーテイ戦でも多く見られるかと思います。

 体幹が伸びきるタイミングで最もパワーを発揮するA1タイプの特性は、ボクシングの伝統に真っ向から反発するものです。マニー・パッキャオはA1サウスポー最強のボクサーですが、あんなにハチャメチャなボクシングというのはセオリーになかったわけです。

 限界まで特性を活かせばたとい3階級上でも圧勝できます!(ただしマルケス戦のようにはっきりと弱点も現れる)
 オーバ・カーにはボクシングの基礎がしっかり備わっていました。しかし残念ながら、A1ボクシングへの昇華がもたらされることはなかったのでした。


🥊ジュリアン・ウィリアムス🥊



 ジュリアン・ウィリアムスは現在も活躍しているボクサーですね。下馬評を覆しジャレット・ハードに勝利、スーパーウェルター級統一チャンピオンになったのも束の間、地元で迎えた初防衛戦ではドミニカ共和国から来たジェイソン・ロサリオにTKO負けを喫し、8か月で王座を手放してしまいました。

 勤勉実直な性格なのがよく伝わる真面目なボクシングでジャーモル・チャーロも手こずらせた彼ですが、これほど「何かが足りない」と観てる側に思わせるボクサーもあまりいないのではないでしょうか。
 彼もA1タイプです。Gallimore戦を観ると特に感じることですが、右足を後ろへ引いて下がるシーンが目立ちますよね。右を振った時に身体が流れて相手の反撃を許してしまうことを常に懸念している証拠と言えます。
 逆にインサイドになるとA1特有の前傾姿勢が機能してイニシアチブを簡単に握ることができます。ジャレット・ハード戦ではハード自身が過度な減量によって打たれ脆くなっていた説もありますが、見事2ラウンドにダウンを奪い、その後もインファイトで主導権を握り続け、見事勝利したのでした。

 A1でファイタータイプの実力者は結構いらっしゃって、代表的なのがローマン・ゴンサレスです。彼のコンビネーションはもはや芸術と表現しても良いくらいですが、ミドルレンジ以内の距離で常にA1の「強い」姿勢をキープしているからこそ実現するコンビネーションでもあるのです。

 ほら、ただ正面から殴り続けるのではなくて、多彩な角度から攻め込んでいますでしょう?この自然なポジションの変化がA1の特性をうまく活かし、ロマゴンのスウィート・サイエンスを実現させているのです。


🥊トニー・ハリソン🥊



 最後はトニー・ハリソンです。
 彼も惜しいボクサーです。ジャレット・ハードには奮闘及ばず9回TKO負け、チャーロ第1戦前のイシェ・スミス戦でも判定が割れるなど、この選手もまた実力があるのにどこか足りない。
 せっかくパンチが届く距離にいるのに、なぜか手を出さないのです。おかしいですよね?

 やっぱり彼もA1タイプです。オーバ・カーと同様パワーパンチは鋭く、チャーロとて油断のできない威力です。しかし、どうも相手と正対する時間が長い。クロスタイプの選手ほど左右のベクトルの変化が重要なのですが、ハリソンの戦い方は完全にパラレルタイプです。

 自分の特性を活かしきれていない。そして、それをアメリカの、とりわけ黒人のボクシングコミュニティに浸透しているA2/B1のためのボクシングは教えてくれないのです…。


 このように、確かな素質がありながら、4スタンス理論上タイプが合わないばっかりにボクシングの幅を狭めてしまうアメリカンスタイルでもって、真にその実力を花開かせることができないでいる(いた)ボクサーたちが、海の向こう側にはいらっしゃるようです。


 念のために言っておきますが、決してA1タイプがボクシングに向いていないわけではないです。
 一つ言えるのは、練習環境は大事だということです。

 そして、顎の脆さに関しては基本的にどうすることもできないということです…。

このページのトップヘ