boksado備忘録

『boksado』管理者、ミラノの物置です。

 どうも、ミラノです。

 やっぱり長文記事書こうと思うと更新頻度上がらないんです。困ったものです。

 さて、トーマス・ハーンズは皆さんもちろんご存じでしょう。非常に長い手足から繰り出す無慈悲な攻撃から'Hitman'(殺し屋)の愛称を与えられた名ボクサーです。

 エマニュエル・スチュワードの指導を受け、非力なアウトボクサーだったアマチュア時代から一転、凄まじいオフェンスを身につけた彼は、飛ぶ鳥を落とす勢いで世界への道を駆け抜け、王座獲得後には数々のビッグファイトを繰り広げることとなります。

 同時に、顎の脆い選手でした。その象徴的な試合として、アイラン・バークレー戦は外せないでしょう。

 試合内容は、右一発をもらうまで圧倒的でした。3ラウンドの時点でバークレーは両目尻を切り、既に血だるまです。ハーンズの長いジャブと強烈な右カウンターがバークレーを屠るのも時間の問題でした。

 しかし3ラウンド残り1分を切ったところで、ダッキングしながら下がろうとした瞬間、バークレーの右が突然火を噴いたのです。

 魔法にかけられたかのようにハーンズは何もできなくなってしまいました。まさに不覚の一撃でした。

 どうしてハーンズは負けてしまったのでしょうか?




 これは第2戦のハイライトですが、バークレーは脇をしっかりと締めた前傾姿勢の構えが目につきますね。
 つまり、アイラン・バークレーはA1タイプです。
 頭を下げた状態で次々攻撃を繰り出すバークレーに、ハーンズは初戦の悪夢がチラつくのか、ロープ際で亀になってしまうシーンが目立ちます。
 


 こちらが第1戦のハイライトになりますね。
 16秒あたりから見られる前進しながらの左右ボディはAタイプ特有の攻撃手段で、この他にも前傾姿勢のままパンチを繰り出すシーンが目立つと思いますが、やはり一番の見どころは例の右でしょう。

スクリーンショット (285)
 前進しながらジャブを放ち、
スクリーンショット (286)
 ダックする方向を確認して、
スクリーンショット (289)
 上体を倒して足底、膝(内面)、みぞおち(内面)で形成されるA1の軸を整え
スクリーンショット (291)
 力を込めた両足から生み出したエネルギーを、左股関節から右肩にかけて対角線上で体幹を伸展させる要領で拳へ伝え、
スクリーンショット (292)
スクリーンショット (293)
 ハーンズの顎をぶち抜いたのでした。

 これがもしA2タイプなら、踏み込んだ方向へ突進したまま、右スイングはハーンズの頭上を虚しく通過してしまったことでしょう。
 A2は右股関節から右肩にかけて体幹を伸展させることで右拳に力を伝えます。これにより、自分が進んだ方向へそのまま攻撃が飛んでいきます。
 一方のA1は上で説明した通りに力を伝えるので、進んだ方向からややベクトルが逸れて攻撃が飛んでいくのです。
A1-A2

 前進しながらでも急激なベクトル変化にある程度対応することができ、また相手がよける前に強力な攻撃を与えられるというのがA1の強みではないでしょうか。

 逆にBタイプであれば、相手をモーションで誘導する必要があります。Aタイプと比べて初動が目立つためです。裏を返せば、よける方向さえ予測できれば、単純な攻撃パターンでも何度も命中させられるわけです。マイキーが典型的ですね。


 最近よく吹聴して回っているのが、「アフリカ系アメリカ人のボクシングはパラレルタイプが中心である」という話です。まあどちらかというとA2が多い印象ですが、もっと突き詰めれば「特定のタイプに偏る」というある種の文化があるということです。
 A1タイプの特性を知るにはもちろんA1の選手とスパーをするのが手っ取り早いわけですが、あいにくそういったボクサーが発掘されにくいのが(アフリカ系)アメリカ人のボクシング界というわけです。
 
 アイラン・バークレーは王座防衛を果たせなかった3階級制覇王者という奇妙なプロキャリアを歩んだ選手ですが、単にラッキーだったからと片付けるのも早計です。

 彼はアフリカ系アメリカ人のボクシング界という「A1ボクシング不毛の地」に突如として現れた、いわば突然変異体のようなボクサーだったのです。


 というわけで、ハーンズにとってアイラン・バークレーが地雷だったということにはちゃんとした科学的な根拠があったと主張する記事でした。


 あまり次回予告をするのは好きじゃないですが、多分次も似たような記事を書くんじゃないかなぁ。

 どうも、ミラノです。

 いきなりですが、「boksado」を開設したのにはちゃんと理由があります。

 一つは、僕の中で4スタンス理論の世界から見たボクシングを整理するためです。
 ボクサーはそれぞれのタイプの特徴を活かして戦います。同タイプであれば、共通点を見出して有効な攻撃パターンやディフェンスの仕方、更にはトレーニングの方法が分析できるはずです。

 そしてもう一つはもちろん、皆さんに知ってほしいからです。
 そこにはいろんな夢があると思います。憧れのあのボクサーと同タイプだった!とか、この選手を参考にしてもっと強くなりたい!といった感じで、4スタンス理論から見たボクシングの世界を知ることで、よりこの競技の(選手の)深みを追究するきっかけになれたら、これ以上に素晴らしいことはありません。

 この競技への一層の発展を願って、微力にも満たないものではありますが貢献したいと思い、当サイトの開設に至りました。

 私めがプロボクシング(特に男子)に偏りがちなため、リストに載っているのは今のところ男子プロボクサーばかりではございますが、今後とも「boksado」をよろしくお願い致します。
 よろしくお願いされたくないかもしれないけど←


 さて、本題です。

 皆さんは、フェリックス・トリニダードとアンヘル・アコスタのどちらの名前も知っていらっしゃるでしょう。
 かたや3階級制覇を成し遂げたプエルトリコの英雄、かたや田中恒成と激闘を繰り広げた超軽量級の猛パンチャーです。
 今回は彼ら二人のボクシングを比較して、4スタンス理論上彼らが同タイプであることを主張したいと思います。


🥊フェリックス・トリニダード🥊

 プロボクシングについてある程度調べていれば必ず知ることになるであろうプエルトリコのビッグネーム、フェリックス・トリニダード。
 彼はプエルトリコのボクシングの代表といっても過言ではない存在です。

 彼の伝家の宝刀左フックについては黒歴史があるのですが、ここでは取り上げないことにします。

 まずは映像を見てみましょう。 
 

 いやぁ、左フックのフォームが本当に美しいですね。この試合は接近戦が中心ですが、距離が開いているときの構えはB2ファイターの理想的な姿勢といっていいでしょう。以下がそのスクショです。
 スクリーンショット (173)
スクリーンショット (172)

 『4スタンス理論バイブル』によればB2タイプの基本的両肘位置は正面から見て「鎖骨の下」に来ますが、これはA2やB1といったパラレルタイプと比べてより脇が締まった構えになります。
 フェリックス・トリニダードの構えはいわゆる「ピーカブースタイル」を彷彿とさせますが、フロイド・パターソンやマイク・タイソンの構えはトリニダードよりも脇が開き気味なのです。




 一目瞭然ですね。


🥊アンヘル・アコスタ🥊

 お次はこの選手。田中恒成と大激闘を繰り広げたライトフライ級のハードヒッターですね。
 この選手も典型的なプエルトリカンといっていいでしょう。アップライトの姿勢から繰り出す左フックのコンビネーションはまさに'Tito'そのものです。



やはり彼も脇を締めた構えが印象的ですね。そしてアップライトの姿勢から繰り出す強力な連打は、後ろ脚が軸となるBタイプの特性をよく活かしたものといえます。
スクリーンショット (264)
スクリーンショット (265)
スクリーンショット (266)
スクリーンショット (267)
スクリーンショット (269)

 スクショ連射だと分かりにくいですが、背骨の右棘突起を軸に豪快な左フックを決めております(体の中心線ではなくやや右寄りの部分が軸となっている)。
 また、手首に注目するとやや「屈曲」していますね。エイドリアン・ブローナー(A2タイプ)のような「はたく」左フックではなく、クロスタイプは腕の内側を主動させるイメージで全身運動がとりやすくなるので、自然とフックもねじ込むような打法になるのです。これはトリニダードとの決定的な共通点となります。



 結論としては、これら2選手はB2タイプであるという点で共通している、ということになります。

 文章量に乏しい記事となってしまい申し訳ございません()

 どうしても間違いのないようにまとめようと思うと、こんな感じで特定の選手に限定せざるを得ないですね。

※リストの更新は現在ホームページで行っております※
  詳しくはこちらへ飛んでください。

僕の見解ですので、実際は違う選手がいるかもしれません。

「この人はこのタイプなんじゃないの?」と思いましたら迷わずコメント欄までお願いします。

ちなみに並びはおおむね階級順です。現役、引退済みでは分けていません。
また、両利きの選手は傾向の強い構えによって振り分けています。

🥊A1タイプ🥊
◆オーソドックス
・ノックアウト・CPフレッシュマート
・ビンス・パラス
・フェリックス・アルバラード
・ローマン・ゴンサレス
・リカルド・ロドリゲス
・比嘉大吾
・キコ・マルティネス
・ジョニー・ゴンサレス
・ビリー・ディブ
・ファン・カルロス・サルガド
・レネ・アルバラード
・テオフィモ・ロペス
・エリック・モラレス
・竹中関汰
・ルーカス・マティセ
・アレクシス・アルゲリョ
・ホセシト・ロペス
・オスカー・デラホーヤ
・ケル・ブルック
・シュガー・レイ・ロビンソン
・ハイメ・ムンギア
・デビッド・レミュー
・ジャーメイン・テイラー
・ロッキー・フィールディング
・デビッド・ベナビデス
・カラム・ジョンソン
・ジャック・デンプシー
・デビッド・トゥア
◆サウスポー
・シーサケット・ソー・ルンヴィサイ
・ゲーリー・ラッセル・ジュニア
・ダニエル・ポンセ・デ・レオン
・マニー・パッキャオ
・セルヒオ・マルティネス
・マイケル・モーラー

🥊A2タイプ🥊
◆オーソドックス
・ウィラポン・ナコンルアンプロモーション
・ユリオルキス・ガンボア
・リチャード・コミー
・中谷正義
・アミール・カーン
・アーロン・プライヤー
・ポーリー・マリナッジ
・ジョシュア・クロッティ
・フロイド・メイウェザー・ジュニア
・ジャーメル・チャーロ
・ジャーモル・チャーロ
・ケイレブ・プラント
・セルゲイ・コバレフ
・アンドレ・ウォード
・アルツール・ベテルビエフ
・ロイ・ジョーンズ・ジュニア
・デビッド・ヘイ
・アンソニー・ジョシュア
・モハメド・アリ
◆サウスポー
・岩佐亮佑
・ギレルモ・リゴンドウ
・ノルディン・ウーバーリ

🥊B1タイプ🥊
◆オーソドックス
・フリオ・セサール・マルティネス
・田中恒成
・勇利アルバチャコフ
・田中恒成
・井上拓真
・ダニエル・ローマン
・アイザック・ドグボエ
・ジョシュ・ウォーリントン
・マルコ・アントニオ・バレラ
・内山高志
・伊藤雅雪
・デビン・ヘイニー
・ライアン・ガルシア
・ホルヘ・リナレス
・フリオ・セサール・チャベス
・シェーン・モズリー
・ヨルデニス・ウガス
・ホセ・ナポレス
・村田諒太
・シュガー・レイ・レナード
・トーマス・ハーンズ
・アルツール・アブラハム
・カラム・スミス
・カネロ・アルバレス
・マイク・タイソン
・ウラジミール・クリチコ
・デオンテイ・ワイルダー
・タイソン・フューリー
◆サウスポー
・ダニエル・サラゴサ
・山中慎介
・西岡利晃
・ブランドン・フィゲロア
・三浦隆司
・デハン・ズラティチャニン
・湯場海樹
・レジス・プログレイス
・ジョシュ・テイラー
・エロール・スペンス・ジュニア
・ロナルド・ライト
・アドニス・スティーブンソン

🥊B2タイプ🥊
◆オーソドックス
・リカルド・ロペス
・井岡弘樹
・寺地拳四朗
・ファン・フランシスコ・エストラーダ
・井岡一翔
・亀田大毅
・ジョン・リエル・カシメロ
・佐藤洋太
・アントニオ・ニエベス
・栗原慶太
・フェルナンド・モンティエル
・亀田和毅
・辰吉丈一郎
・ノニト・ドネア
・松本亮
・ウィルフレド・ゴメス
・エマヌエル・ナバレッテ
・オルランド・サリド
・ミゲール・ベルチェルト
・ホアン・グスマン
・ファン・カルロス・サルガド
・ホセ・カルロス・ラミレス
・アミール・イマム
・ファン・マヌエル・マルケス
・パブロ・セサール・カノ
・マイキー・ガルシア
・ミゲール・コット
・ヴァージル・オルティス・ジュニア
・ショーン・ポーター
・アントニオ・マルガリート
・フェリックス・トリニダード
・バーナード・ホプキンス
・ゲナディ・ゴロフキン
・ドミトリー・ビボル
・オレクサンドル・グヴォジク
◆サウスポー
・ビック・ダルチニヤン
・ポンサクレック・ウォンジョンカム
・帝里木下
・亀田興毅
・ルイス・ネリ
・ジョー・ブログ
・堤聖也
・中嶋一輝
・長谷川穂積
・TJ・ドヘニー
・ムロジョン・アフマダリエフ
・清水聡
・ヴァシリー・ロマチェンコ
・アントニオ・デマルコ
・エドウィン・バレロ
・ルーク・キャンベル
・テレンス・クロフォード
・パーネル・ウィテカー
・エリスランディ・ララ

 どうも、ミラノです。

 実はいろんな書きかけの記事があるのですが、どうもうまい具合にまとまらなくて困っています。

 この記事も同じ運命を辿るかも?さすがに更新頻度もう少し上げたいんですけどねぇ。


【B2によるステップインフェイント→右ボディ→右アッパー→左ショート】※7:19~


《位置取り》
◆相手(マルチネス):赤
◆ロマチェンコ:青
※矢印はマルチネスが移動させられる方向
スクリーンショット (2)

①ステップインと右リードフェイントで相手のタイミングを奪う

 まずは自分のやりたいようにできる条件を整える作業です。
 この時点でロマは自分から見て左側へマルチネスが移動してほしいと考えています。

②身体全体の軸をやや右に倒し、左半身を軸に右ボディ

 そこで自分から軸を右に倒し、マルチネスが右へ移動するパターンを封じます。
 右リードフェイントで顔面へ意識を集めたので、ボディショットから組み立てやすくなっています。

③マルチネスが左へ移動するのを見越し、反動を活かして同じ要領で右アッパー

 最終的には反撃されずにターンを終えたいので、フィニッシュは顔面に持っていきたい。
 ボディを狙う=頭の位置が近くなるということなので、スペースを作りたい。
 そこで打ち込んだばかりの右拳を、今度は顔面へ突き上げます。

④マルチネスの上体が起きたところへ、右半身を軸に左ショート

 右アッパーで終わるわけにはいきません。相手はロープ際にいます。
 そうでなければ③で終わりでもいいですが、バックステップが使えない以上相手は状況を打開する方法を持ち合わせていません。
 なので最後に左ショートを顔面に打ち込み、このコンビネーションを終えるわけです。


 ここで僕のアカウントをフォローしている方なら耳に胼胝ができるほど聞いたワード、4スタンス理論の登場です。
 ヒトの身体の使い方はA1、A2、B1、B2タイプに分類され、タイプによって得意不得意があるという興味深いものです。
 B2サウスポー体幹の稼働が収縮であることから、伸び上がるような左ストレートは打ちにくいという制限があります。
 実際、ロマチェンコはパッキャオのようなギューンと伸びる左を打ち込みませんよね。単にリーチが短いからではなく、4スタンス理論上よろしくない打法なのです。

 その代わり相手がロープ際に詰まって下がれない状況で、且つ左へ移動しようとしていれば、B2特有の収縮型左ストレートが綺麗に決まるわけです。
 なのでこの状況においてロマチェンコは自分のタイプに合った条件を見事に揃えてこのコンビネーションを完遂したわけです。ノーダメージです。素晴らしい。


 ちなみに、似たような状況で悲惨な目に遭う場合もあります。

 ちょっとだけYoutubeでボクシングの映像を漁った方でもほとんどが見たことあると思います。


※追記※
下記はパッキャオをA1として解説を進めていますが、実際にはA2の可能性が高いようです。
Aタイプは共通して体幹の稼働が伸展であることから、A1をそのままA2と読み替えて差し支えないと思われます。


【B2によるバックステップ→右ワイドカウンター】※24:11~


 このシーンにおける二人のポジションは上に載せたロマvsマルチネスのあの状況とほぼ同じですね。

 パッキャオはA1タイプと考えられています。
 A1タイプの体幹の稼働は伸展、つまりロマとは反対で身体が伸び上がるような動きの中でパンチを繰り出すと強打になります。
 対するマルケスはおそらくB2タイプ。彼はカウンターの名手ですが、相手が踏み込んできたところを半歩下がったエネルギーでもって体幹を収縮させ、フックやアッパーで自在に迎え撃つ戦法が得意なのです。

 これだけでもパッキャオとマルケスが異常に噛み合う理由の説明がつくと思います。

 パッキャオは得意の体幹の伸展からの左ストレートを打ち込もうとしたところへ、マルケスによる半歩下がっての体幹の収縮を活かした右カウンターがジャストミートしてしまったということです。

 じゃあどうしてロマのように右サイドから攻撃を展開しなかったのか。理由は単純で、必要以上に右サイドへ回ると得意の伸展型左ストレートが打てないからです。

【A1によるジャブ→伸展型左ストレート】※3:18~


【A1による左ヘッドスリップ→右ジャブ→伸展型左ストレート】※40:58~


 これら2つのシーンからも分かると思いますが、パッキャオは相手の懐へ飛び込むように左ストレートを狙い打ちます。

 バックギアの効きが悪いブローナーやフィジカルで劣るアルジェリなどにはこうして通用するのですが、どうもマルケスだけは…。

 じゃあA1サウスポーはB2オーソドックスに対して分が悪いのか?決してそうではないと思います。

 根拠はまだ見つけていませんが()


 今回はこの辺にしときましょうか。動画も埋め込むと記事の長さが稼げますね!←

 それではノシ

 こんにちは、ミラノです。

 すごくいいボクサーなのに、あと一歩世界を獲るには足りないものがある選手、たまにいますよね。

 タフネス、メンタル、技術、いろんな要因があります。

 今回紹介する選手、ヨルデニス・ウガスは、積極性の不足から肝心なところで黒星を喫しているファイターです。

 

 ウェルター級では大柄な選手で、よく発達した背中の筋肉からも見てとれるように、フィジカルも充実しています。

 イスマエル・サラストレーナーが教えているだけあって、構えは井岡さんとよく似ています。
 しっかり腰を落とし、ベタ足で前傾姿勢をとる。

 振り子のようなボディショットは先制攻撃、迎撃のどちらでも有効で、ウィービングや顔面へのフック、アッパーも織り交ぜるなどして多彩な応用を利かせています。

 ただ、つまらん!

 
ポーターとの駆け引きでは彼のハイスペックぶりを存分に発揮したと思いますが、それでも待つ時間が長すぎる。



 とにかく大事に戦う選手なんですねえ。

 一発がある選手でもないですが、相手を押し切れるパワーがあるだけに、どこかもったいないと感じてしまう次第です。

 一時的なスイッチを駆使してもっと多角的に攻めたらよいと思うのですが、サラストレーナーのポリシーに反するのもまた然り…。

 超人中の超人が勢揃いしているウェルター級において、今後もダークホースの立ち位置をキープできるファイターです。

 ただ、次に世界挑戦できる日はいつになるやら…。

このページのトップヘ