boksado備忘録

『boksado』管理者、ミラノの物置です。

カテゴリ: 古のボクサー

こんにちは、ミラノです。

「世代じゃないけど」第二弾、今回も日本の選手です。というかたぶん次回も日本人です。

世の中、尋常じゃない体力を持つ人ってたまにいますよね。いつまでもパンチを打っているのに全く疲れる気配がない人。

今回はそういうボクサーです。



【ファイティング原田】


 兎にも角にも前へ、前へ。常に前傾姿勢、一度飛び込んだら止まらない。

 そんなファイティング原田はA1タイプとしての自身の特徴を存分に活かしているといえるでしょう。

 足底(つま先内側寄り)、膝、みぞおち前面を軸ポイントとしてつくられる彼の姿勢。皆さまのお体で試していただければ分かると思いますが、この基本的な姿勢は前傾を取ることがほとんどです。
 
 そしてそこから放たれるパンチは、一見手打ちに見えますがたいへん重みのある一発に仕上がっています。
 YouTubeに挙げた井上尚弥vsノニト・ドネア分析動画でも紹介しましたが、Aタイプは右を打つ時必ず左脚を、左を打つ時は必ず右脚を軸に用います。
 ファイティング原田のファイトスタイルを象徴する猛烈な左右連打も、軸を交互に使い分ける(=いつでも軸の入れ替えが可能なように前傾姿勢を保ち続ける)ことによって完成されているのです。

 Bタイプが体幹をなぞる様に軸が通るのに対し、Aタイプは体幹に対して斜めに軸が通ります。
A1RightHand
 これはA1タイプによる右ストレートの打法ですが、一見するとつんのめりそうですよね。そうです、これはA1の特徴でもあります。
 打ち終わりの隙を埋めるには、相手に密着するしかありません。A1は幸い前傾姿勢からコンパクトな連打を繰り出しやすい構造になっているため、ファイティング原田はブルファイターとして活躍することが出来たというわけです。

 往年の名ボクサーは、ただ単に根性が凄まじいだけではありません。ファイティング原田もまた、自分の体の使い方をよく理解していたファイターだったのです。

 今でも充分参考にできる選手だと思います。

 こんにちは、ミラノです。

 突然ですが、大昔のボクシングに興味がある方ってどれくらいいらっしゃるでしょうか。

 僕はそういうの大好きです。今とは違った趣があります。背景を知ると、たとい白黒でカックカクだとしても映像の迫力が半端なくなります。

 ですがこのブログ、あくまで4スタンス理論から見たボクシングを紹介するコンセプトなんですよね。

 ということで今回は1950年代に活躍した、とある古のジャパニーズファイターを分析してみましょう。


【白井義男】


 言わずと知れた日本人最初のプロボクシング世界王者ですね。身長が高い方が白井さんです。

 彼はおそらくB2タイプです。
 股関節の高さがほとんど常に固定されていて、これは典型的なBタイプの特徴であると思います。

 体型について、肩に注目していただきたいのですが、だらんとした形状ですよね。これはクロスタイプに多く見られる特徴です。ちなみにパラレルタイプだと怒り肩になりやすいです。
 クロスタイプは身体前面を主動面とするため、胸側の筋肉に引っ張られてこのような形になるんじゃないかなぁ、などと推測しています。

 ボクシングに注目しましょう。
 まずはディフェンス。ガードは低いですが頭がよく動いていて的を絞りにくいですね。
 ダッキングにおいては、右拳を首元に添えて軸を安定させつつ、右股関節から左肩にかけて体幹を収縮させることで素早い動作を実現させています。右拳はパリングに用いることも出来ます。

 ジャブがたいへんよく伸びますが、この時も蹴り出すときに右拳は首元に添えられ、軸から股関節が逸脱することによって発生するバランスの崩壊を防いでいます。

 パンチのほとんどが強打です。しっかり腰が入っていて重みを感じますね。
 2度目のダウンを奪ったコンビネーション(7:05~)が参考になると思いますが、左アッパーを当てることによって相手の頭が流れる方向を予測し、回り込んで自分の右アッパーが最も打ちやすい方向へ相手の頭がおかれるように調節しているのが分かります。
 自分の「打点」を熟知していますね。今でもこの技術を使うB2の選手、たまに見ます。代表例はロマチェンコです。
 クロスタイプは脊椎横突起が体幹を動かす基点となるため、動作するたびに横滑りが起きます。左右を強振する場合、適宜ポジションを変えて調節する必要があるのです。

 かつて世界の頂点に輝いた技術、今でも充分通用しちゃうんですねえ。昔は昔?ノンノンノンノン。
 4スタンス理論は今と昔のボクシングを繋ぐ重要なファクターなのです。

このページのトップヘ